「はぁ、あっ……あっ、ん、キ、キテますッ……!ピリピリピリって、す、すごいっ、なにこれぇっ、男と違うっ……女の子アクメするぅ……ッ!」
「はぁ、はぁぁ……あ、あはぅ……ヨダレ、垂れちった……あ、あぁ……クリオナ、超きもちい……女の身体ばっか、ズルいだろ、こんなのッ……!」
「挿入って......やだ......やめ、やめてっ、くださいっ」
「そ、2学期が始まってから、1ヶ月だけでいいの。 あたしの代わりに、聖マラドンナ女学院に通いなさい」
「だっ、だから、そのっ......男の人のペ......だ、男根と...... 女の人のヴァ......う、うぅ、アソコを......くっつけて、 セッ......ううぅ......こんなこと、大声で言えるかぁ......!」
「あの祭りを知らないから、そんなこと言えるの! チンコウサイはあんたの思ってる数百倍は恥ずかしいわよ!」
「射精したいんでしょ? オチンチンから精液出して、 もっときもちよぉくなりたいんでしょ?」
「聖奈ぁ? 呼び捨てじゃないでしょ? こういう時は『様』じゃないかしらぁ、せ・い・な・さ・ま」
「ほらほら、イキたいんでしょ? 出したいんでしょ? 一気に吐き出しちゃいなさいよっ!」
「すごーい! ここでこんなキノコ見たことないよー! 新種かな! 超レアモノかな! スーパーレアかなー!」
「やっぱり昨日見たのは、聖奈ちゃんのチンコだったんだ...... また後で、じっくり見せてもらおうっと」
「ね、聖奈ちゃん、どうしたら、ちんこ大きくなるの? わたしでコーフンしてくれるの? 教えてほしいなー」
「ん、ちゅっ......やっぱり聖奈ちゃん、かわいいなぁ...... そんなに聖奈ちゃんが喜んでくれるなら、 いっぱい舐めてあげたくなっちゃうよぅ......」
「ふぁぁ......聖奈ちゃんのちんこ、やっぱし大きいよ...... こんなのお口に、入らないよ......あご外れちゃうよぉ」
「ぐぽっ、ん、んじゅぶ......ひぁ、ひゃめ、ひゃめへ......! もう、やらぁ、やらよぉ......ちんこ、やらぁ......!」
「私の認めたライバルとして、 無様な姿は晒してほしくないモノですわ」
「会議中、これ以上、ち、ちん......こ......などという 下品な呼称を用いたら、退室を命じます!」
「二見さん、今、お時間があるようでしたら、 ひとつ、私と勝負をしてはいただけませんか?」
「はぐうぅんっ!? ん、んぅ、うぁ、あ、あぁぁぁっ! そこ、ダメ、ダメッ、響きすぎてしまいますぅっ!」
「ひぃいぃぃぃんっ! んはっ、はぁっ! や、やめっ、 もうイッてます、イッてますの! イッてますからぁ!」
「ふぁい......わたひ、甘えん坊なんです。 私のこと、離さないでくださいまひ......」
「セツがおしっこしてるところ、見てたでしょ?」
「セツは、あなたに興味があった。 この出会いは、きっとディスティニー」
「ん、嫌じゃない。 二見聖奈に撫でられると、ちょっと落ち着く」
「ふふ......もっともっと恥辱を与える。 セツを謀ったお仕置き、もっとする......」
「れろっ......もうペニス、ビクビクし過ぎてる。 もうこのまま、射精しちゃう?」
「んっふっ、ふぁ、ふあっ……! す、すごい……出たり、入ったりっ……見える……」
「あんな立派なのは、 女の子にはついてちゃいけないモノよ」
「ひとつ、聖治くんのことが、嫌いじゃないから。 ふたつ、セックスと男の子に興味があったから。 みっつ、妹思いのお兄ちゃんにエッチなご褒美」
「別に女の子同士だって、色っぽい声や仕草で 股間が反応しちゃうこともあるわよねぇ、聖奈ちゃん」
あはっ……オチンポ、くちゅくちゅって、 えっちな音しちゃってるね……結構女の子と同じなんだ
「ひぅッ!? んッ、あ、はぁ、んぁ、ぃああぁぁあッ! おっぱい、とれちゃ、ッひ、んぃんっ!」
「んぁ、はっ、はぁ、わ、わかん、なぁい...... もぅ数えらんない......! 聖治にじゅぽじゅぽされると、 どんどんエッチな身体になっひゃうぅぅ......」
「はい、二見さん、私のロザリオに手を置き...... 目を閉じて......マラドンナ様に祈るのですよ~......」
「御聖根が珍しいのはわかりますけど、 二見さんに迷惑をかけてはいけませんよ~」
「はっは~い! 酔っ払い、で~っす! 全力全開待ったなしで飲んでま~す! ラブ・アン・ピ~ス!」
「あぁあ、お願いいたします、もっと早く奥まで、 はしたない膣肉をえぐって、 子宮を千回ぶってくださいぃ」
「それ、っ、ああっ、それっ、赤ちゃんのお部屋っ、 ずんずんされると、おなか、奥、んほおぉおっ! びりびりきちゃいますぅ!」
「焼けちゃいます! 私のおっぱいが焼けて......あっ、あひいぃいっ!! 神様、お許しくださいませぇええええっ!!」
「ですが、百合子に何の断りもなくいなくなるだなんて! 百合子は驚きのあまり、ご飯も喉を通りませんでしたわ!」
「あら、申し訳ありません。お姉さまが魅力的過ぎて、 身体の疼きを抑えられませんでしたの......」
「ずっとずっと、責め続けて差し上げます。 永遠の快楽をお姉さまに与え続けますわ」
「い、んぃいい、ひぃぃんっ! すご、すごいですわぁ……! お姉さま、これっ、すごい! すごいんですのぉぉ~っ!」
「あぁっ、あひっ、あっ、あぉおっ! お姉さまの御聖根で愛されているお尻も、 オマンコも、あっ、んあぁあっ」
「あへっ、あへぇっ! うんちのあなでよがる百合子を、 どうかもっとごらんになってぇ」
「わちが手を下していなかったら、 バレていたケースが既に7回発生しておる。 おまえさん、既に7回死んどるよ」
「わちが、鎮交祭のその日まで、 おぬしをNavigateしてやろう。 スマホの案内アプリなんぞより、ずっと便利じゃぞ」
「おいこりゃ、汚いモノのように扱うでない。 朝っぱらから失礼なやっちゃのう。なぁ、まらちん?」
「ポコチンになどこれっぽっちも触っていないというのに、 わちのいやらしワードだけで勃起してしまうのか? ん?」
「はぁっ、はっ、くッ......はぁ、はぁっ、はぁッ! うっく......まだ出そうじゃ......受け止めぃ......!」
「この、ポコチンモンスターめっ......! はぁ、はっ......! い、いかんっ......わちも、絶頂がっ、んあぁあっ!?」
「お客さんが、本日開店、 エロキュート・聖マラドンナ女学院支店、 1人目のお客様です、ようこそ」
「ご主人様に命じられたから、 ここにお店を開かせてもらったんだ。 ご主人様の命令は、絶対だから」
「そこのディルドも、そこのバイブも、 あっちのローターも、ローションも、 クスコも、アナルパールも、拘束具も全部売り物だよ」
「二見様のクズちんぽにはオシオキしないといけないね。 あむん」
「はぁ、このままだとぼくも病みつきになりそうだ。 ちくわちんぽ、すごくおいしい……あも、ちゅばっ」
「んぷ、ふぅ、んぢゅ......こんなに腫らして、濡らして...... イキたいんでしょ、二見様」