「こんな濡れちゃったの、初めてだなぁ…… 精液の匂い、嗅いじゃったからかな……?」

「わちがたぁっぷり扱いて、大きくしてやる。わちの全身ご奉仕、めいっぱい感じるがよいぞ」

「髪っ、あ、触っていいなんて、言ってなっ、あ、ふぁっ!んちゅっ、ぺちゃ、あっ、御聖根が脈打ってますっ……んん!」

「で? どうすれば、あんたのコレは勃起するわけ?」

「セツがおしっこしてるところ、見てたでしょ?」

「髪っ、あ、触っていいなんて、言ってなっ、あ、ふぁっ!んちゅっ、ぺちゃ、あっ、御聖根が脈打ってますっ……んん!」

男には、誰しも夢がある。ロマンがある。

「あぁん、まだお粥出ませんよぉ?どうしたらいいんれふか~?」

「髪っ、あ、触っていいなんて、言ってなっ、あ、ふぁっ!んちゅっ、ぺちゃ、あっ、御聖根が脈打ってますっ……んん!」

「こ、これが、鎮交祭……!?」

「もしかして、こ、この状態で、する……?」

「ほ、本気、ですのっ……!? や、やめ、なさいっ……これ以上は、じ、冗談では済まなくてよ!」

「あはぁぁぁぁん! んんっ、ふわああぁぁぁぁぁぁ……」

「だから、オススメのちくわで、美味しく食べてあげようとしてるんじゃないか」

「あはっ、聖治くんの乳首発見~♪ 男の子にもちゃんとついてるんだね」